ナポリは巷のうわさほど怖くないというのがきまじめな反応です

去年GWに全くの個々調整で教え子の娘とイタリアのナポリに旅行しました。
あたしは51才の動く女で、娘も就活最中だったので、連休5日間を利用してのナポリ旅行で、意識は博物館とポンペイの遺跡巡りにカプリ島と、おいしいごちそうでした。
ナポリといえば、津々浦々からの順路は全然いわゆる車窓からの「サファリ視聴」で、街が危険で風呂から降りずに探るというのが確実ですが、最近のナポリは普通に歩けます。勿論、外国なので帯同物品などには、日本国内にあるよりも注意が必要ですが、ママ娘二人で、充分に歩いて回れます。
印象的な地域は宿屋のベランダから見えた卵城です。夜はイルミネーションされ、また私たちが泊まっている時に、きっかりナポリの聖人のお日様だったので、日付が変わった瞬間に花火がのぼりました。 ああいうタイムリーな体験をすると、忘れられない場所になりますね。
食事も、ナポリは海のツキが安くて上手く、邦人の口に会います。私たちが行った食堂では、海のツキのフリッターが食べきれなくて、うまいけど潤沢でゴメンと言ったら、持ち帰れるようにプラスティック入れ物に詰めてくれました。
自分もごちそうもステキでしょ?!
ぜひとも素足で歩いて、ステキなナポリを体験して下さい。借金に詳しい弁護士.net